開催要項

【大会名】PERSON OF THE YEAR 2022
【日時】2022年12月24日(土)
【会場】小松川区民館 ホール(JR総武線平井駅」南口 徒歩10分)

【コンセプト】長文難問学生No.1決定戦
【参加資格】大学4年生相当以下(いわゆるabc基準)
【参加費】未定
【エントリー】2022年11月開始予定
【定員】未定
【連絡先】personoftheyear2022[at]gmail.com ([at]を@に変換)

開催のご挨拶

PERSON OF THE YEAR 2022実行委員会です。
エントリーの開始に先立ちまして、開催のご挨拶をさせていただきます。


【本大会について】
本大会のコンセプトは、例年通り「『⻑⽂』『難問』による学⽣No.1決定戦」としています。「⻑⽂」「難問」の定義については例年のものを概ね踏襲し、以下のように定義します。

⻑⽂:3つ以上のフリから問題⽂が構成される問題
難問:abcなど基本問題をうたう大会において、難易度などの理由により出題対象を外れてしまう問題

本大会の問題群は、これらの定義に則ったうえで、大会に向けて努力してきた一人一人が少しでも報われるようなものを目指しております。

 


【ルールについて】
まず1Rのペーパークイズで参加者を50人程度に絞ります。そのうち上位半数弱の参加者がシード権を獲得し、3Rから早押しに参加します。
2Rは3ステップに分けて早押しクイズを実施します。最後の第3ステップを勝ち抜けた数人が3Rに進出します。
3Rは参加者を3組に分けて早押しクイズを行います。各組の勝ち抜け者が準決勝へ駒を進めます。
準決勝では早押しボードクイズを行い、これを勝ち抜けた参加者が決勝に挑みます。
詳細については大会当日に企画書にて発表します。「より多くの問題を正解した参加者が勝つ」という基準のもと、なるべく実力差が反映されやすいシンプルなルールを用意します。

 

 

【エントリーについて】
エントリーはGoogleフォームを使用します。開始は12月上旬の予定です。詳細はブログやTwitterで追ってお知らせいたします。

 

 

参加を検討するみなさまへの大会情報の公開が遅くなり、大変申し訳ありません。目標となるにふさわしい大会をお送りすることを目指し、スタッフ一同全力で準備を進めております。

みなさまの熱い戦いを見れることを心より楽しみにしております。当日までよろしくお願いいたします。

問題作成スタッフ募集

PERSON OF THE YEAR 2022では、参加権を持たない方を対象に、問題作成にご協力いただける方を募っています。

学生の長文難問No.1を決めるPERSON OF THE YEARは、例年、大学を卒業したばかりの社会人1年目の世代を中心として開催されています。しかし、なかなか十分な数のスタッフが確保できない現状もあり、よりよい大会を開くためには社会人の方の協力が不可欠です。

今大会で用いる問題は「長文問題」(原則として3つ以上の情報がある問題)です。提出問題数は1問からでも構いません。

ご協力いただける方は、以下のフォームからご連絡をお願いいたします。問題フォーマットと問題作成指針をお送りします。

docs.google.com

問題の提出期限は【2022年8月21日(日)】としております。また、9月末締切の追加募集も予定していますので、今回ご都合の合わない方はそちらへの提出をご検討いただければ幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

 

【9/8追記】

本日より問題の第二次募集を開始します。ご協力いただける方は第一次募集と同じく上記のフォームからご連絡をお願いします。

第二次提出の期限は【2022年9月30日(金)】としております。

何卒よろしくお願いします。